自分で作る酵素ドリンク

酵素液は自宅でカンタンに作れます。
といってもベジ―デルやベジライフ酵素液のようないろいろな種類の材料は使えませんが、
単品酵素液ならカンタンに作れます。

 

今まで作ったのは、

  • ブルーベリー
  • イチゴ
  • メロン
  • パイナップル
  • オレンジ
  • ブドウ
  • リンゴ
  • ラフランス

の単品酵素液。

 

それぞれ材料は季節の果物と上白糖、米麹のみです。
材料と上白糖と米麹を瓶に入れ、毎日混ぜ、約1週間くらいで出来上がりです。

 

手作り酵素ドリンク

 

単品の手作り酵素液はなんと言っても気軽に作れるのがポイント。
効果として一番感じるのはよく眠れて、寝覚めがいい。
寝つきも早くなり、朝目覚ましなしで起きれるようになりました。

 

朝、寝起きにコップ1杯の水を飲むと便通も改善。
毎日スッキリします。

 

デメリットはカロリーが高いこと!
市販の酵素液は14〜16キロカロリーと低いですが、
私の作る単品酵素液は160〜190キロカロリーとご飯1杯分もあります。
なのでいっぱい飲みとダイエット効果は少ないですが、
歩いたりと軽い運動と併用すればダイエット効果はバツグンです。

 

ただ、単品酵素を自分で作っても結構コストはかかりますよ。
1回分作るのに5000円くらいはかかってしまします。
安い素材で作ればコストは抑えられますが、その分味は落ちます。
でも旬な素材で作る酵素ジュースは美味しく飲めて健康になれるんですからおすすめです。
でもダイエットには少し不向きなので、ダイエット目的で酵素ジュースを試すなら市販のものがいいですね。

 

酵素ドリンクは、購入するだけでなく自分で簡単に作ることもできます。

 

手作り酵素ドリンクでおすすめなのは、リンゴ酵素です。

 

リンゴで作る酵素ジュースは飲みやすくクセがないのではじめて手作り酵素ドリンクを作る人にもおすすめです。
今まで作った酵素ドリンクでおすすめ食材をご紹介いたします。

 

手作り酵素ドリンクおすすめ食材

マクスメロン

メロン酵素ドリンク
ギフトでたくさんマスクメロンをもらったので、酵素ドリンクにしてみました。
超美味でした。
少し、もったいない気もしましたが、日持ちもするし栄養も取れるのでよかったです。

 

手作り桃酵素ドリンク
桃の酵素ドリンクは飲みやすく超美味でした。
シーズンでないとなかなか手に入らない桃ですが、
美味しく作れるのでおすすめです。

 

 

リンゴ

なんといっても早くカンタンに作れる
それでいて美味しい。
リンゴは雑味がなく飲みやすいんです。
漉すときも早く、すぐできあがります。
気軽に作れておすすめです。

 

ブルーベリー

手作りブルーベリー素ドリンク
美味しく飲みやすいブルーベリーの酵素ドリンク
ブルーベリーは目にもいいので嬉しいですね。
ブルーベリーは美味しく目にもいいので、ちょくちょく作りたいのですが、
とにかく高く付きます。
一回作るのに材料費で3000円を超えてしまいます。
手作りブルーベリー素ドリンク

 

メロンで作る酵素ドリンク

贈り物でもらったメロン。
食べきれなそうなので酵素ジュースにしてみました。

 

量が多すぎても大変なので、1キロ分に切り分けました。

 

材料は
メロン1キロ、砂糖1.1キロ、米麹10g

 

メロンをいれやすいように角切り。
種はだし袋にいれました。
手作りメロン素ドリンク
いつものように砂糖、メロンを交互にいれ、最後米麹を入れ砂糖で蓋をして空気にくれないようにしました。
翌日、混ぜるともう砂糖が溶けはじめてジュースになってきています。
次の日混ぜるともうほとんどメロンジュース。砂糖が少しまだ溶けきらないで底にあるだけです。
夏場ということもあって発酵が早いですね。
約4日ですっかり砂糖も溶けメロン酵素ジュースの出来上がりですが、
少し寝かせます。
普通だどメロンがカビてきたりしるのですが、さすが酵素のチカラ。
傷んでくる様子もなく、美味しそうなメロンの酵素ジュースの出来上がりです。
約1週間で完成しました。

 

すぐ作れる桃の酵素ジュース

カンタン、すぐに作れる桃の酵素ジュースの作り方を紹介します。
手作り桃素ドリンク
用意するもの

 

桃 4個 1000g
上白糖 1100g
米麹 11g

 

作り方
まず桃を水洗いし、角切りにします。

 

大きめの瓶に上白糖を入れ、その上に桃、その上に上白糖と交互に入れます。

 

最後に米麹を入れさらに上白糖で蓋をして桃が空気に触れないようにします。

 

桃4個でこのくらいできます。

 

翌日から、朝晩2回よく混ぜます。
砂糖が溶けきってからもさらに混ぜます。

 

夏場は発酵が早いのですぐ発酵します。
4日くらいで砂糖も溶け切ります。

 

出来上がった桃の酵素液を不織布で漉していきます。
時間をかけゆっくり濾しましょう。

 

桃の酵素液は飲みやすく非常に美味です。
ぜひお試しください。

 

簡単に作れるリンゴ酵素ドリンク

リンゴの酵素ドリンクの作り方はカンタンです。

 

材料
リンゴ4個で約1キロ
上白糖を1100g
米麹10g

 

まずリンゴを水洗いして、ブロックサイズ位に切ります。
それからビンに上白糖を敷き、その上にリンゴ、そしたらまた上白糖と
交互に入れ、最後米麹を入れ、上白糖でリンゴが空気に触れないように、
蓋をします。
翌日から、1日1回、混ぜます。
とにかく、毎日混ぜ、上白糖が溶けてなくなるまで、
待ちます。
だいたい5日後には砂糖が完全にとけ、リンゴの酵素ドリンクの出来上がりです。
できたら、漉します。
ダシ袋にリンゴの酵素を入れ漉していきました。
他の果物より出来上がるのが早く、リンゴの酵素ドリンク作りは非常に楽でした。

 

簡単に作れ飲みやすいリンゴの酵素ドリンクはおすすめです。

 

旬な時期に作るリンゴ酵素はいっそう美味しい。
今年2回目のリンゴ酵素ジュースを作り始めました。
今後のリンゴは紅玉。
真っ赤なリンゴで水分が多く香りが強いので、
ジューシーでいい香りです。

 

 

ブルーベリー酵素ドリンクの作り方

カンタン、すぐに作れるブルーベリー酵素液の作り方を紹介します。

 

用意するもの
ブルーベリー 2パック (300g×2) 600g
上白糖 660g
米麹 6g

 

作り方
手作りブルーベリードリンク
まず、ブルーベリーをざるに入れ水洗いします。
水洗いして水を切ったら、ブルーベリーにフォークで刺し傷をつけます。
大きめの瓶(梅酒用に売っていたものを使いました)に上白糖を敷きます。
その上にブルーベリーと上白糖を交互に入れ、
最後に米麹を入れさらに上白糖で蓋をして空気に触れないようにします。

 

 

翌日から、朝晩1日2回混ぜます。
砂糖が溶けきってからも混ぜます。
約1週間くらいですっかり砂糖とけ酵素ジュースになっています。

 

この出来上がった酵素ジュースを漉していきます。
ゆっくりと時間をかけて漉していきます。

 

 

出来上がりです。

 

 

ただ手作り酵素ドリンクは上白糖を使って作りますので
カロリーも高く、糖質も多くなってしまいます。

 

健康にいいかもしれませんが、ダイエットには不向きかもしれませんね。

 

ダイエットにおすすめな
生酵素サプリ

 

定番酵素ドリンクはこちら